placenta

プラセンタ療法 及び 点滴療法

全身の若返り
抗酸化力強化
美肌効果

プラセンタ療法

プラセンタとは

プラセンタとは、母親の体内で胎児を守り、育てる役割を担う「胎盤」のことです。 プラセンタは、たった一つの受精卵から40〜60兆個もの細胞を持つ約3kgの赤ちゃんに育てるための栄養素の供給をするだけではなく、 細胞の増殖・再生をコントロールする「細胞増殖因子」を生み出しているのです。

このプラセンタから抽出したエキスは、楊貴妃やクレオパトラも愛飲していたと言われるほど、古くからその「美肌」効果が知られていたようです。 また、「滋養強壮」目的としても漢方薬の「紫荷車」として服用されていました。

古来医薬品として使用されてきたにもかかわらず、プラセンタの詳しい成分や働きについては解っていませんでしたが、 近年、遺伝子工学の発達によって次第に明らかになり、疲労回復や抗アレルギー作用、ホルモンバランス調整作用、 抗老化作用など多様な効果が明らかになってきました。

プラセンタに含まれる成分

プラセンタにはヒト一人を作り上げる役割を担っているので、生きていくために必要なほぼ全ての栄養素が含まれています。 アミノ酸、ビタミン、核酸、活性ペプチド、脂質・脂肪酸、ムコ多糖体、ミネラル、酵素など豊富な成分を含有しているのがわかっています。

注射製剤の登場

注射製剤ができる以前は、乾燥させたプラセンタエキスを内服したり皮下に埋め込んだり(埋没法)するしかありませんでした。 しかし、日本でも注射製剤が厚生労働省に認可された医薬品として、半世紀前から「ラエンネック」と「メルスモン」の何れもヒト由来のプラセンタ製剤が使用されています。

プラセンタ注射の保険適応

プラセンタ注射は肝機能障害や更年期障害(慢性肝炎・肝硬変症・更年期障害・乳汁分泌不全など)の治療薬として保険が適応になります。
それ以外の方は自由診療になりますので、下記の料金をご覧ください。

料金

当院では、安全性確保のため皮下注射のみ施行しています。
(プラセンタの静脈注射や点滴は日本胎盤臨床医学会でも禁止されています)

プラセンタ
1アンプル

¥1,400

プラセンタ
2アンプル

¥2,230

プラセンタ
3アンプル

¥3,340
※2アンプル以上注射した方が効果が出やすいため料金も割引いています。
※尚、プラセンタと点滴療法以外は全て女性患者様限定とさせていただいています。
※価格はすべて税抜き価格です。

高濃度ビタミンC点滴療法

一度の点滴でおよそ50グラム以上のビタミンCを投与する療法を超高濃度ビタミンC点滴療法といいます。
口からサプリメントとしてどんなに多量のビタミンCを摂取しても、一定以上の血中濃度を得ることができません。高濃度(25g程度)のビタミンC(アスコルビン酸)を 静脈から直接体内に注入することで、抗ウィルス作用や癌の予防効果、全身の若返り効果、更に超高濃度(目安として50g以上)のビタミンC投与では 抗癌作用も認められています。尚、当院では体に対する負担の少ない防腐剤無添加のビタミンC(アスコルビン酸)製剤を使用しています。

超高濃度ビタミンC点滴療法公式サイト

料金

初回ご相談料 及び
G6PD異常症
スクリーニング検査

¥18,600
※一般血液検査も同時に行ないます。さらに初回の点滴費用も含みます。
※ご家族またはご本人による相談のみの場合には4,000円となっております。
※価格はすべて税抜き価格です。

ビタミンC
(アスコルビン酸)
血中濃度測定

¥3,000
※ビタミンCの適量が決まるまでの間(最初の1ヶ月間位)は3,4回測定しますが、 その後は1ヶ月~1ヶ月半に1回の頻度で測定します。(検査費用¥3,000)
※価格はすべて税抜き価格です。

ビタミンC点滴

・25gまで ¥14,000
・50gまで ¥19,000
・75gまで ¥24,000
・100gまで ¥28,000
※がん患者様のビタミンCの投与量(維持量)はお一人お一人異なります。
当院や他の施設での例から見ると、50g~75gの方がほとんどです。
※体調改善やがん予防目的の方には25gをお勧めしています(所要時間は約40分間)
※がんの既往がある方の再発予防には50gをお勧めしています(ご相談の上で決定)
※尚、プラセンタと点滴療法以外は全て女性患者様限定とさせていただいています。
※価格はすべて税抜き価格です。

グルタチオン点滴療法

グルタチオン点滴療法で最も注目されているのが
(1)パーキンソン病に対する治療
(2)抗がん剤に対する神経障害
(3)閉塞性動脈硬化症
(4)デトックス(体内解毒)
です。その他、米国では線維筋痛症、過敏性腸炎、慢性疲労症候群、各種神経系疾患、そしてアンチエイジング分野でもグルタチオンの点滴処方をするクリニックがあります。

グルタチオン(glutathione)は組織に広く分布するSH基をもった化合物です。グルタチオン(還元型グルタチオン、reduced GSH)は グルタチオンペルオキシダーゼを介として過酸化水素や脂質ヒドロペルオキシドを還元し解毒します。薬剤としてのグルタチオンは、 SH基により体内での抱合反応を賦活して解毒を促進する作用や、抗アレルギー作用があります。なお、グルタチオンの経口投与は腸で吸収されるまでに多くが壊れてしまうため、 点滴療法と比べて著しく効果が低くなります。

グルタチオンの静注製剤は下記の適応症が認められています。
(1)薬物中毒,自家中毒,周期性嘔吐症
(2)慢性肝疾患における肝機能の改善
(3)急性湿疹,慢性湿疹,皮膚炎,蕁麻疹,リール黒皮症,肝斑,炎症後の色素沈着
(4)妊娠悪阻,晩期妊娠中毒
(5)角膜損傷の治癒促進
(6)放射性療法による白血球減少症,放射線宿酔,放射線による口腔粘膜の炎症

料金

初診料

¥1,000

1回目(800mg)

¥5,000

2回目(1,200mg)

¥5,000

3回目(1,600mg)

¥5,000

4回目以降
(2,000mg~3,600mg(max))

¥9,300
※維持量には個人差があります。
※価格はすべて税抜き価格です。